デリケートゾーンに臭いに気をつけよう|雑菌やおりものが原因になる

女性

病気の可能性を考える

レディー

デリケートゾーンの臭いが気になるという女性は多く、その原因のほとんどがおりものの変化や雑菌の繁殖によるものでしょう。しかし、なかには感染症や性病でおりものが臭くなっている場合もあるのです。基本的におりものというのは無臭ですが、生理の直後や排卵のタイミングになると酸性が強くなりすっぱい臭いを放つことがあります。しかし、デリケートゾーンを清潔に保つことで臭いを軽減できるでしょう。それでも悪臭がしてしまうという場合は感染症や性病を疑い、早めに婦人科で検査を受けるようにしましょう。性病の1つであるクラミジア感染症にかかってしまうとおりものの量が増えたり、色が黄色く変色することがあります。また、排尿時に痛みを感じるというときもこの感染症の疑いがあるので注意しましょう。この感染症は卵管炎や子宮頸管炎といった症状を引き起こすことがあり、酷くなると不妊症になってしまいます。しかし、はっきりと自覚症状を感じるという人の方が少なく女性の約80%は無症状のままだといいます。
悪臭や膿と似たような色のおりものが続く場合は子宮内膜炎が考えられるでしょう。この炎症を起こすと発熱や腹痛を起こすこともあります。細菌感染で起こる炎症で、卵管炎も似たような症状を起こすことで知られているのです。こういった細菌性膣炎は他の性病と比べると治療しやすいのですが、再発しやすいという特徴もあります。おりものの臭いや色がいつもと違うと感じた場合はこういった病気が隠れていることがあるのですぐに婦人科で検査をしましょう。