デリケートゾーンに臭いに気をつけよう|雑菌やおりものが原因になる

女性

専用のソープを使う

考えるウーマン

夏になると蒸れて臭いが強くなってしまうのがデリケートゾーンです。この部分の臭いをどうにかしたいと考えている人は少なくありません。デリケートゾーンの臭いの原因となるのは雑菌の繁殖やおりものの変化、ホルモンバランスの乱れや性病などでしょう。ナプキンや下着、アンダーヘアでデリケートゾーンが蒸れるとそのときに出る汗を栄養として雑菌が増えてしまいます。その雑菌の老廃物が臭うだけでなく、雑菌が膣に侵入しようとすることでおりものの量まで増えてさらに臭いがきつくなってしまうのです。そんなデリケートゾーンの独特な臭いを軽減するためには、清潔な状態を保つことが大切になります。デリケートゾーンを清潔にしようとしてボディーソープでゴシゴシ洗ってしまう人は少なくないでしょう。しかし、その方法は刺激が強すぎて逆に症状を悪化させてしまう恐れがあるのです。ボディーソープや普通の石鹸は基本的にアルカリ性でできていて、弱酸性である皮膚や膣のPHバランスを崩してしまいます。皮膚や膣は弱酸性を保つことで雑菌の侵入を防いでいるので、そのバランスを崩すことは雑菌の繁殖の手助けに繋がってしまうのです。侵入するとおりものの量や臭いが変化してさらに悪化してしまうでしょう。また、ボディーソープや普通の石鹸には界面活性剤というものが含まれていて、これが肌のバリア機能やいい菌を洗い流してしまいます。そんな状態を防ぐために、デリケートゾーン専用のソープを使ってケアをしましょう。専用のソープは弱酸性でできているものが多く肌に優しいのです。これで、おりものや雑菌が増えることがなくなり臭いが軽減されるでしょう。